Multilingual:

事業説明

鉄・非鉄リサイクル事業

屑を、ブランドにする。

廃棄された自動車や家電製品などをシュレッダー、つまり破砕し粉砕します。たとえば廃自動車でも、約20秒で粉々に。そして機械選別で素材ごとに分けられ、さらにそこから人の手でさらに細かく仕分けしていきます。
この「機械の目」と「人間の目」を通して、廃棄物は品質の高いリサイクル製品へと変わっていくのです。

鉄・非鉄リサイクル事業

鉄・非鉄リサイクルフロー(シュレッダープラント)

支店・工場のご案内

東北各地の拠点が、スピーディに対応。
SEINANグループは、それぞれの地域において真っ先に頼られる存在であるために、東北6県すべてに拠点を構えています。高い処理能力と豊富な輸送力、スピーディな対応力で、お客様の様々なニーズに合ったサービスを提供いたします。

Contactお問い合わせ先

株式会社青南商事

自動車リサイクル事業(アルトレック)

クルマはリサイクルの宝庫である。

SEINANには「アルトレック」という自動車リサイクル専門の解体セクションがあります。
青南商事がこれまで培ってきた技術と経験がフル活用されている最新鋭の大型廃自動車リサイクル工場です。引取りから解体までの処理工程を受け持ち、一台一台を丁寧に、そして細かく分解し、「再利用」できるものはリユースへ。そして、残ったものはシュレッダー工場へ送り再資源化します。
自動車リサイクル法が整備される以前から、100%に迫る高リサイクル率を目指していたSEINANの部門です。

自動車リサイクルフロー(アルトレック)

高い専門性を持つ解体セクション「ULTREC」。

ULTRECアルトレック=ULTIMATE(究極)のRECYCLE(リサイクル)

豊富な輸送能力、
自動車リサイクル法
関連サービスのご提供

バラエティに富んだ輸送機材のラインナップで、ニーズにスピーディーに対応します。 (※地域によってはお引取りできない場合がございます。)

廃車に関わる手続き(抹消、リサイクル料金、重量税還付など)のご相談に、豊富な知識でご対応します。

高品質なリサイクル部品を、
豊富に在庫

高度な品質管理システムが、高品質のリサイクル部品を創造します。

自動車倉庫システムの導入により、多くの種類の部品を、大量に保管すると同時に、スピーディーで確実な出荷を実現します。

全国ネットワークの情報管理システムへ加入しており、日本全国へリサイクル部品を販売いたします。

Contactお問い合わせ先

サーマルリサイクル事業(青森RER)

廃棄物を、電力に変える。

産業廃棄物の中には、ASR(シュレッダーダスト)を中心としてマテリアルリサイクルしにくい複合物-肉骨粉や、りんごのしぼりかす、ホタテの殻など-があります。これらはダイオキシンを高温で完全分解しながら、同時にその熱エネルギーを電力に変換する「サーマルリサイクルシステム」で処理します。
1つの廃棄物から選別の連続によって素材を取り出す「マテリアルリサイクル」と併せて、最先端のリサイクルにはなくてはならないシステムです。

サーマルリサイクルフロー(青森RER)

容器包装リサイクル事業

廃棄物は、時代とともに変わっていく。

科学技術が高度になるにつれ、次々と付加価値の高い新製品が生まれていきます。
これは同時に、発生する廃棄物にとっても新製品。つまり、日々、廃棄物処理技術も高度に要求されていきます。”廃棄物は社会を映す鏡”と言われるほど、社会で何が流行り、何が指向され、何を消費しているかが見えてきます。
だからこそ、廃棄物処理技術は日々修練することを怠らず、常に新しいリサイクルに取り組みつづけます。
例えばその一つがPETボトル再商品化およびプラスチック製容器包装再商品化事業。容器包装リサイクル法に基づきながら、長年培ってきた高いリサイクル技術とノウハウを活かし、効率的かつ安定的なマテリアルリサイクルを実現しています。

PETボトル再商品化フロー

PETボトル再商品化フロー

※ 上記の再商品化工程で発生した残渣は、グループ会社の青森RER(株)でサーマルリサイクルを行っています。
平成28年度 発生残渣処理実績:1662.12t 青森RER(株)の維持管理情報についてはこちらを参照ください。 WTF Manegement Info. 廃棄物処理施設の維持管理情報

【施設概要】
建物床面積:8406.04㎡、敷地面積:16879.63㎡、最大処理能力:59.5t/日、開設時期:平成17年3月 容器包装リサイクル協会 再生処理事業者登録:平成20年度~

プラスチック製容器包装再商品化フロー

プラスチック製容器包装再商品化フロー

※ 上記の再商品化工程で発生した残渣は、グループ会社の青森RER(株)でサーマルリサイクルを行っています。
平成28年度 発生残渣処理実績:2515.62t 青森RER(株)の維持管理情報についてはこちらを参照ください。 WTF Manegement Info. 廃棄物処理施設の維持管理情報

【施設概要】
建物床面積:8406.04㎡、敷地面積:16879.63㎡、最大処理能力:59.5t/日、開設時期:平成17年3月 容器包装リサイクル協会 再生処理事業者登録:平成20年度~

リサイクル資源一覧

リサイクル資源一覧

各種リサイクル事業

地域によって廃棄事業は変わる。

廃棄物処理という仕事は、とにかく地域に根差した仕事である、と考えます。木屑やホタテ貝…、地域には特産品があるように、廃棄物もエリアによって種類や量、中身が違い、時代の流れによっても変わります。いつまでも顔が見える関係と信頼で、次々と発生する廃棄物にチャレンジしたい。お客様のご要望がある限り、SEINANが誇るスピード、品質、対応力で最終処分まで責任をもってお手伝いしていきます。

最終処分事業

最終処分までの責任。

産業廃棄物処理を営む以上、最終処分にも責任を持たなければ、本当の「処理屋」とは言えないと考えます。そこで、水処理施設を併せ持った最終処分場を有しています。内部が外部の自然環境を汚染しないように厳重に止水を施し、また溜まった水は浄化し工場内で再利用しています。その埋立容量、約65万㎥。東北では民間でもトップクラスの容積を誇ります。

海外事業
私たちの技術を世界で。

これまでもSEINANグループは、韓国や中国を始めとする各国の企業と取引を続けてきました。
よりスピーディに、かつ最適な技術と精度を提供するため、韓国・ソウルとベトナム・ホーチミンに拠点を開設。アジアを中心とする世界中のお客様に求められる「SEINANブランド」を確立し、ベスト・ソリューションを提供していきます。

鉄・非鉄リサイクル事業

その他事業

SEINAN Engineer青南エンジニア

現場が教科書になる。

年々高度になる廃棄物を処理していくには、リサイクル技術も高度に修練していかなければなりません。青南エンジニアは、SEINANグループすべてのリサイクルシステムの構築や、機械プラントの設計、保守、メンテナンスの一切を受け持ちます。

現状のラインを僅かでも改良すれば、もっと効率化できる。海外の最新鋭のリサイクルマシンを研究し、オリジナルにカスタマイズすることで、日本の廃棄物にふさわしい処理ができるようになる、などなど。日々、現場の声をシステムやラインに反映させる要のセクションです。

本社:
〒036-8061 青森県弘前市大字神田5丁目4-5
TEL:0172-35-1413 FAX:0172-35-1415

SEINAN Express西南エクスプレス

SEINANの動脈。

廃棄物の引取り、工場間の移動、リサイクル製品の輸送など、その物流全体を担っているのが「青南エクスプレス」です。

現在、車両保有台数はグループ全体で約200台。休む時間がないほど東北全土を往来しています。それぞれの地域で、最適なリサイクルスタイルを提供するSEINANグループの大きな動脈になっています。

本社:
〒036-8061 青森県弘前市大字神田5丁目4-5
TEL:0172-35-1416 FAX:0172-35-1415